未分類

「こだわり」の店の経営のウィークポイント

カフェや喫茶店などの経営の中で、長続きする経営者にみられる姿勢としては、メニューブックなどに、掲載されているお料理やドリンクなどのメニュー開発を、柔軟に行っていくなどといったようなスタイルが多く見られているようです。何よりも。失敗しがちなカフェや喫茶店などの経営者の姿としては、こだわりを持ちすぎるオーナーたちといったような指摘があります。自分の店としての「こだわり」が強すぎるために、そのような「こだわり」をすべてお店に反映させてしまっても、訪れるお客様に対して押し付けがましいと感じる人々が、お店を訪れることから遠のいてしまうといったようなことがあるようです。お店の内装やメ、ニューに「こだわり」が強くあることは、お客様にとってメリットもありますが、大きなデメリットにもなってしまうといったような点に、柔軟に気づく必要があるのです。また、カフェや喫茶店を訪れる常連のお客様たちから、多くの声を聞き入れることなども大切であると言います。お客様からの声、また従業員などの意見などを聞き入れることができることで、お店が変化し、お店のスタイルが形づくられていくということが、何よりもベストな経営などと考えられてもいるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


https://123mehndidesign.com/

https://biographyly.com