未分類

飲食店の規模と、メニューの数

皆さんが、繁盛している飲食店や、街中の人気店に訪れると、常にお客様がいっぱいで満席のイメージはありませんか。この「満席のイメージ」=「人気店」は実は、作為的に作れるのだという専門家たちもいます。皆さんが、もし、飲食店のオーナーとしてお店の人気をアピールしたいのであれば、小さめのお店を開業するべきだなどとも言われています。小規模なお店の中では、お店お客様の座席数が少ないことから、満席になる可能性がかなり高くなります。逆に、大規模なお店を構えてしまうと、その立地によって、はお店の中が満席になるという可能性は、かなり難しくなってきますので、もし皆さんが飲食店のオーナーとして、常に満席を人々にアピールされたいのであれば、比較的小規模なお店の開業を検討してみましょう。小規模なお店というのは、客席も狭いですが、厨房も、同時に狭くなってきますので、厨房でお料理するお料理の数や、食材のストック数なども、配慮してプランに考慮しなくてはなりません。厨房の規模が小規模であるにも関わらず、メニューブックに掲載されているお料理の数が多いと、どうしても材料のストックが間に合わなかったりしてきますので、お店の規模とメニューブックに掲載されるお料理の数は、ある程度バランスのとれたものにいたしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


https://123mehndidesign.com/

https://biographyly.com