未分類

メニューブック作りの着眼点

行きつけの飲食店などで、メニューブックをめくっていると、大抵同じようなメニューを注文することが多いのではないでしょうか。

皆さんの食の好みや、また、お料理の価格などのコストパフォーマンスなども含め、好みの商品であるものと、そうでないものに、ハッキリと明らかに分類されるのではないでしょうか。

飲食店のメニューブックの中には、「陽の目のみないメニュー」というものがあります。

飲食店経営の中で、このような形で、「陽の目のみないメニュー」というものに対して、どのような対応をしていくかというような、メニューブックの見直しが、経営者にとっては重要な課題となってくるでしょう。

飲食店が利益を上げる上で、食品ロスに関しては十分な、メニューブックの設計図が求められてくるでしょう。

メニューブックに求められる商品力には、様々な要素が求められ、そこには原価率品質人気やお料理の提供スピードなどが、ポイントとして加えられてきます。

原価率の低いお料理、原価率の高いお料理のバランスをとりながらも、客様に対して、コストパフォーマンスや満足度を提供できることが、何よりも重要であります。

メニューブックの中での、お客様からのニーズと、お店側のお料理の提供が、ミスマッチしてしまうことは、何よりも経営者としては、避けなくてはならないメニューブックの作成における着眼点でもあります 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


https://123mehndidesign.com/

https://biographyly.com