未分類

メニューブックの最新事情、

メニューブックは進化を続けてきましたから、ここ数年の間にも、メニューブックの選択肢は増えました。特に電子端末をメニューブックとして用いる発想は、全国のお店で採用されつつあります。さて、電子化するにせよ、見送るにせよ、メニューブックの最新事情を捉えておくことは、今後のメニューを考える上で非常に大切です。現在、メニューブックには何が起きているのでしょうか。売り上げが振るわない経営者、調理人の腕に期待できない経営者、リニューアルを考えている経営者は、是非その動向を掴んでください。ここでは簡単に動向の一部をご紹介したいと思います。さて、メニューブックの最新トレンドと言えば、やはりipadを用いたものでしょう。アプリも活用できるという意味では、従来のメニューブックを凌駕する利便性を担保していることは間違いありません。技術進化によって、メニューの印象を良くすることが出来るのです。しかし従来のメニューブックの全てが時代遅れであるとも言えません。例えば紙製のメニューブックであれば、四季を味わえる和風料理に合ったメニューとなるはずです。実際、現在でも紙を使った手書きのメニューブックが氾濫しています。アナログであると、デザイン次第で季節感をより味わえるようになるのです。手書きの良いところは、メニューの説明に直接関係の無い情報をさり気なく忍ばせても、違和感を与えない点です。例えば商品のお酒の楽しみ方をキャラクターを使って書き入れると、それを見た客も癒されることがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


https://123mehndidesign.com/

https://biographyly.com