未分類

メニュー実践

飲食店のメニューについて、一つ言えるとすれば、一体どのようにして何度も訪れる人が必ず頼むような多くのリピーターが生まれるような料理作ることができるのか、というような点であるという風に言えるかもしれません。簡単に言えば、おつまみに出てくるような料理などは味の個性が非常に強く、普段食べる料理の中には存在しないような味の構成が使われている場合が多いわけです。そのような場合は例外であるという風に行ってしまってもいいかもしれませんが、基本的には、香辛料や調味料などを用いてあまり自然界に多くは存在しない味を出すことで意識を向ける狙いは確かにあるかもしれません。

そして、使われていることが多い油などでも、様々な味を作り出すことができるのは言うまでもないことでしょう。人間は油を多く摂取してはいけないという風に言われていながらも、どうしてもおつまみやお菓子などに使われている油を、多く摂取してしまいがちです。これはまさに癖のある味がリピーターを増やしているからこそ生じている現象であるという風に行けるのではないかと考えられるわけです。このような事だけを抜粋すると、何か人類というものはどんどん体にとって摂取しては良くないものを、好きになっているようなイメージを持つ人も多いかもしれませんが、人間がそもそも満足にご飯を常に食べられる環境になったのは数百年の話で、それ以前は食べることにも必死であったという風に言えるわけです。

そのような中で、人間が本能的に好きな味というふうに認識しやすい癖の強い味というものは、どんどん好きになっていくのは自然な現象であるという風に言えるかもしれません。癖がある食べ物というのは、それだけでメニューを成り立たせてしまうくらいに多くの人を虜にする可能性を秘めているという風に言えるかもしれません。普通の料理の中にもある程度の曲があることで、メニューに書きやすくなるかもしれませんし意図的に狙っていくことが重要だという風に言えるのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


https://123mehndidesign.com/

https://biographyly.com