未分類

メニューと五感

飲食店のメニューにおいては、どうしても紙で提供するために、二次元的な情報しかお客に与えることができないのはもちろんのことですが、最近では 、VR 機能の発達などによって実際に料理を立体的に眺めることができる可能性が出てきたわけですが、それでもなお多くの飲食店では、そのような広告を確保することは難しく現実的ではないという風に言えるかもしれません。それでもなお、皆さんが子供の頃にもやったことがあるように食材や料理などに手で触れることで食欲が増したり注文してみたくなるというような働きかけなどもあるようです。飲食店のメニューは、二次元的なものにとどまっていたとしても、例えば料理に用いることができる魚を水槽の中で泳がせておくことで、子供などが見やすくしたりするほか、お客の方から行きが良さそうな魚を選んだりすることができるようにしておくなど非常に様々なくふうすることで、手を使ったり頭を使ったりして、料理についての期待を高めることができるというようなこともあるようです。他にも、ある自然食品屋などでは料理に向いている食材を店先などに並べておくことで、より親近感を持って料理の方法について学ぶことができるというような体験ができるのも、ユニークな工夫であるという風に言えるかもしれませんね。触覚と呼ばれるこのような考え方は、メニューを作成する際にも非常に重要であるという風に言えるでしょう、食事をする際には、ものを食べた際に口の中で感じる様々な情報をそのままメニューに表しておくことで、2次元的な情報しか与えることができない飲食店のメニューなどにおいても、非常に、多次元的に感じてもらうことができるということが重要であることは、言うまでもないと言い切れるでしょう。しっかりとした歯にかかる圧力や舌触りを実践することができるのが、重要であることは言うまでもないことであるといっていいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


https://123mehndidesign.com/

https://biographyly.com