未分類

目的設定について

メニューを作る際には、どのようなものを目的としているのかを図や表などに書き出してみるのが、最も有効な手段だという風に言えるかもしれません。例えば、表の中にどのような素材を使うのかということやどのようにして調理するのかという調理手段について、味付けは醤油ベースにするのか、だしベースにするのかという部分、状態はどのようにして仕上げるのか例えば冷蔵庫で冷やして仕上げるのか焼いた状態で熱々のまま食べたほうが良いのか、メニューの中でジャンルはどのような振り分けをするのかということなども、気にしておくべきポイントであるという風に言えるでしょう。より長い目で見たケースで言えば、例えばパスタを作りたいという風になった場合に立地は学生外だとしましょう。 そのような場合には男子学生が多く来ることなどを想定してパスタを山盛りにするなどの案が出るかもしれません。そのような場合には、なるべく、味付けを価格がかからないように抑えるなどしておくことが、重要だという風に言えるでしょう。クリーミーなパスタ、トマトパスタなどが現代では流行しているなどという風に言われることも多いわけですが、とにかく価格を抑える場合にはペペロンチーノなどのなるべくシンプルで、美味しい、味付けのものを選ぶことが、オススメだという風に言えるかもしれません。また、パスタと一緒に入れる具材などもなるべく値段を抑えたものを選ぶなどしておくことも、重要だといえるのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


https://123mehndidesign.com/

https://biographyly.com