未分類

大衆食堂のメニュー

大衆食堂は定食屋とは違い、メニューが複雑なような気がします。
何でもあるというか、一品料理もあれば、どんぶりもあり麺もあるという感じです。
和・洋・中もありますし、いろんなものを組み合わせた定食もあったりします。
これが大衆食堂の魅力だと思いますし、メニューが豊富というのをお客様もわかってきているので仕方ないと思います。
そのため、売り出したいものやお値打ちメニューというのは黒板メニューにした方がいいようです。
大衆食堂というのは、お客様も固定化されている場合がほとんどだと思います。
そのため飽きられない工夫も必要ですし、定番メニューも必要となるかと思います。
大衆食堂は一品でお腹がいっぱいになるものを求めているお客様が多いようです。
定食屋との差別化も必要だと思います。
どんぶりメニュー、カレーライス、オムライスといったものが人気になる場合も多いかと思います。
日替わりメニューとして、生姜焼き定食、とんかつ定食のローテーションではお客様もあきてしまうかと思います。
主食としての一品料理のメニュー開発をしていくようにするといいようです。
大衆食堂のメニュー開発としては空腹を満たすメニューとして考えることが必要だそうです。
メニューの豊富さも大切だそうです。
また、その日仕入れた魚などで作った「お値打ち商品」というものも常連客には嬉しいものとなるようです。
市場飯、漁師飯、朝市メニューなど、メニューの名前もお腹がいっぱいになりそうなものを考えた方がいいようです。
朝、昼、晩と同じようにお腹いっぱいになるようなメニューがいいそうです。
お客様は、朝だから、昼だから、晩だからということで来るというよりも、お腹を満たしたいと来るからだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


https://123mehndidesign.com/

https://biographyly.com