未分類

定食のメニュー

外食というとラーメンやそば屋のように手軽なところから、イタリア料理や韓国料理など家ではなかなか作れないものを食べに行くというイメージがあるかと思います。
オフィス街などではお昼休みになると、定食屋が喜ばれるようです。
また、最近は若者や女性客も入りやすくなったようにも思います。
オフィス街にあった定食屋が、郊外にも進出するようになったそうです。
ファミレスとは違う家庭料理的なメニューで、地域の住民やドライバー客にアピールしているようです。
朝食やランチでバランス良く食事を取れるところとして人気でしたが、最近は営業不振が目立っているそうです。
これはメニューの戦略のミスにあるそうです。
客単価が低いためか、冷凍食品や既成食品を多用して、従業員をアルバイトやバイトで賄っているためだそうです。
定食屋として決して崩してはいけない「手作り感」がまったくなくなっている店も増えてしまって、それが営業不振に繋がっているそうです。
お客様は、家庭で食べられるようなメニューを定食屋にもとめているということを忘れてはいけないと思います。
オフィス街で人気なのは、こじんまりとした手作り食堂のようなところで、セントラルキッチンで冷凍したものをあたためたものを求めているわけではないようです。
現在ではファミレスも手作り感を大切にしているようです。
またコンビニの戦略も手作りをウリにしているところがほとんどだと思います。
メニューの開発は、特別なものを考える必要はないと思います。
手作りでできるお店として売り出すことが大切だそうです。
また、夜の稼働も考えて欲しいそうです。
夜の場合も、手作りのおかずを主に考えていってほしいそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


https://123mehndidesign.com/

https://biographyly.com