未分類

メニュー作りの方法

飲食店のメニューブックを作る上で、はじめに設計図を作ることは、非常に大切です。設計図はあくまで、下書きの状態ですので、何度でもやり直しがききます。自分が納得できるまで配置や大きさ、言葉を変えてみて、最も良い状態を目指しましょう。特にメニューブックを始めて作るという失敗も多く、はじめから上手くできないことも多いそうです。特にデザインなどに苦手意識を持っている人は、メニューブック作り自体を苦痛に感じてしまうかもしれません。しかし、あくまで店の商品の良いところを分かっているのは自分自身です。商品の良さを最大限に引き出せるよう、積極的にメニューブック作りに関わっていきましょう。設計図の段階では、手書きでももちろん構いませんが、ソフトを使ってみることも効果的です。もちろん専門的なものでなくとも、パワーポイントなどのオフィスソフトを使っても充分に設計図を作ることができます。手書きの場合と違い、手直しが簡単にできるというメリットがあります。

設計図ができたらすぐにメニューブック作りに取り掛かるのではなく、まずは周りの人に聞いてみるのが良いでしょう。店のスタッフでも良いですし、もしもメニューの一新ということでしたら常連客に声掛けをしても良いかもしれません。客観的に見てもらった上で何度も手直しを行っていけば、クオリティの高いメニューブックを目指すことができます。設計図だけではなく、何度かトライアルメニューブックを作って、実際に店に置いてみることも方法のひとつです。最終的な製本は専門の業者に任せるという場合でも、自分の理想のメニューブックに近付けるよう、設計図に関しては出来る限り自分で制作を行うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


https://123mehndidesign.com/

https://biographyly.com