未分類

キャプションと情報

メニューブックの商品には、ネーミングとキャッチコピーの他に、キャプションが必要とされています。キャプションは、伝えきれなかった商品の魅力を説明するために使われます。キャプションを読んだお客様が、「それならば注文しよう」と思ってもらえるようなポイントに絞っていくことが大切です。

キャプションを考えていく上で、「5W2H」で考えると分かりやすいとされています。「5W2H」は、「WHO」「WHAT」「WHEN」「WHERE」「WHY」「HOW」「HOW MUCH」から成り立っています。「WHO」は、作り手や客層、食材の生産者についての情報です。「WHAT」は、素材や部位、食感、食べるとどんな感じがするのかなど。「WHEN」は、鮮度や期間、いつ・どんな時に食べるのか。「WHERE」は生産地など、場所について。「WHY」は、商品にこだわる理由、想いなど、何故この料理ができたのかの説明。「HOW」は、どのように食べたらおいしいのか、どのような組み合わせがオススメなのか。「HOW(MUCH)」は、そのまま値段やお得感についてです。キャプションには、5W2H全ての情報を盛り込む必要はありません。逆に、あれもこれもと情報を増やし過ぎてしまうと、ポイントがぼやけてしまい、本当に伝えたいということは分からなくなってしまいます。さまざまな情報の中から自分はどの情報を伝えたいのか、優先順位をつけてポイントを絞っていきましょう。また、文言については具体性が必要です。不特定多数を相手にするような使い回せる文言は避けて、その商品ならではのキャプションを考えていきましょう。また、一文が長すぎると目が滑ってしまう可能性があります。長いと感じた時には、箇条書きでまとめるのも良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


https://123mehndidesign.com/

https://biographyly.com