未分類

市場優位性

店を経営していく上で、「市場優位性」という言葉があります。名前の通り、競合他社と比べて市場で優位を取ることです。そのための戦略はいくつもありますが、基本的なもののひとつとして、差別化戦略というものがあります。自分のサービスや製品を他社とは違うものとして提供することで、価値が優れていることをアピールするのです。

この市場優位性を、飲食店経営に当てはめるとどうなるのでしょうか。分かりやすい戦略の立て方には、特別なメニューを組み込むということが考えられます。今まで見なかったような独創的なメニューであればお客様の目を引きますし、SNSなどで話題になることは珍しくありません。しかし、他店との差別化のために珍しいメニューを作っても、初めの一回の興味を引けただけで終わってしまいます。珍しい料理を期間限定のメニューに定めることも良い手ですが、基本的にはその期間が過ぎれば客足は遠ざかってしまいます。大切なことは、その料理によってリピーターを多く獲得することです。インパクト勝負だけで料理を作るのではなく、あくまで料理やサービスとしての価値を持っていることは前提です。例えば「どの店よりも肉が柔らかく調理してある」「カフェではないのにコーヒーが美味しい」「選べるソースの種類が多い」といった小さな工夫だけでも、お客様の印象に残すことができますし、人によってはそのために来店をするといった人もいるかもしれません。さらに「あの店は、他の店と違ってこんなことをしてくれる」という情報は、別の人にも紹介をしやすくなり、良い口コミとして広がりやすくもなります。

料理やサービスの価値を前提に考えながら、差別化のできる部分を探していく必要があるでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


https://123mehndidesign.com/

https://biographyly.com