未分類

飲食店のマーケティングの方法

メニューブックやメニュー表を彩るなど様々な方法がありますが
見た目をどうにかしただけでは
サービスをよくしただけでは売れるとはもうかぎらない時代だと思います。

飲食店のマーケティングとは、
「見込み客を来店させること、そして継続的に来店させること」と定義した上で
その方法論について考えていきたいと思います。

その考えでいけば見込み客を一度来店させて、その後もずっと来ていただくように
仕向けることが重要だと思います。。
見込み客とは、店の存在は知っていてもまだ来店していないお客様のことです。
順番で言えば、まずはいまだ店の存在を知らない人を見込み客にすることから
始まると言えそうです。

次に、その見込み客を一度は来店させることが最初の段階です。
そして、一度来店していただいた消費者に、
引き続き来てもらえるように来店後もお誘いをかけること。
仕上げは、そのお客様をファンにさせることではないでしょうか。
これが飲食店のマーケティングの基本だと思います。

実は、飲食店と他業種との違いはほとんどないそうです。
ただ、これまで飲食店には「マーケティング」という概念が、
あまり存在しなかったことも確かなようです。

一部の大手飲食店チェーンの実施するチラシ作りやテレビCMのことが
「マーケティング」で、中小飲食店にはあまり関係のないものと
思われているフシがありました。
しかし、マーケティングは何もチラシやテレビCMだけのことでは
ないのではないでしょうか。

先ほどの定義をもっとわかりやすい言葉で言うなら、
「いかにして低コストでお客様に店の存在を知らしめて、さらに来店してもらうか」
ということになります。

このことは、最近になって飲食店業界でもよく聞かれるようになったそうです。
でも、他業種ではすでに何年も前に一般化されていた考え方だそうです。

だから、「飲食店のマーケティングは他業種よりも初年遅れている」そうです。
つい最近まで、飲食店業界はずっと右肩上がりで、
「作れば売れる」時代が続いていたようですね。

だから、マーケティングの重要性など気にしなくてもよかったのでしょう。
ただ郊外に大きな店を作ればよかったのですから。
しかし、いまやそんな状況ではなくなってきたのではないでしょうか。

しかし安心してもいいかもしれません。
他業種の大量生産、多量販売の時代が終わったのが何年も前で、
飲食業界はつい最近、それが終わっただけのことです。
だから、すぐに他業種の成功例を学んで、飲食店用にアレンジすれば
いいのではないでしょうか。いまなら間に合うと思います。
そして、いまなら他店より一歩先に出られるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です