未分類

ディナータイムのメニューを考える

ディナータイムのお客様層はどのような方が多いでしょうか。お店がオフィス街にある場合は、会社での新年会、忘年会などの会社のメンバーでの飲み会で利用するお客様が多いと考えられます。また、観光地にある場合は、仕事終わりの女子会やデートなどでそのお店を利用するお客様が多いかもしれません。自分のお店のお客様がどのような目的で利用しているかをきちんと把握しておくことで、ディナーのメニューを考案するにあたり、非常に役に立つでしょう。宴会で使用できるお店は、ランチに来てくださっている会社員の方に、ここは宴会ができるお店であることを宣伝しておくと、会社での飲み会の際に利用してくださる可能性があがると考えられるでしょう。そのためには、ランチタイムの際のメニューブックに「宴会できます」というメッセージや宴会をするにあたっての可能人数やコース等を記載しておいたり、店内に掲示しておくと、ランチを食べにきてくださったお客様がそのメニューブックを目にして、飲み会の際にそういえばと思い出してくれるかもしれません。お客様の記憶に刷り込ませていくことはとても大切な宣伝です。新たな宣伝を打つわけではないので、コストもおさえられます。効率的に宣伝していきましょう。宴会をするにあたって重要となるのはドリンクメニューです。宴会をメインに営業しているお店は、売り上げの約半分程はドリンク代であるという場合もあります。それほど、ドリンクメニューは重要となってきます。ドリンクメニューはお酒の名前が羅列されていることが多く、写真はあまり使用されていないかもしれません。しかし、売り上げの約半分にもなりうる大切なメニューですので、ドリンクメニューこそ写真を多めにすることも効果的なのです。特にカクテルなどは、色もカラフルですし、名前から想像できない飲み物も写真があれば、目に留まることもあります。飲みたいと思わせるドリンクのメニューブックを作成することは売り上げを伸ばすために非常に重要であると考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


https://123mehndidesign.com/

https://biographyly.com