未分類

時間帯によってメニューの打ち出し方を変える

ランチの時間帯は、会社員にとって、短い休憩時間でおいしいごはんを食べたいという要望を満たすことで、人気のお店に躍り出ることができるでしょう。そのためには、お客様もメニューを選択しやすいように数を絞っておくこと、時間をかけずに提供できるメニューにすることが重要となってきます。忙しい時間帯とそうでない時間帯を想定して、ランチメニューを変更していくと、効率的に売り上げることができるでしょう。なので、平日と休日のランチメニューはわけると効率的と考えられます。そして、ターゲットを考えて、女性のお客様を多く取り込みたい場合にはランチにはデザートやドリンクがサービスで付く等の女性が喜ぶサービスを提供すると、お店の近所のOLさんたちが、ランチのお店として選択してくれる機会が多くなるでしょう。また、逆に男性のお客様が多い場合はボリュームアップできるセットランチを用意しておくなどターゲットに合わせてメニューを変更することも非常に効果的でしょう。また、休日のランチでは、平日のランチタイムとは違い、ゆっくりとランチを楽しみたいお客様も多いと推測されます。メニュー数を増やし、平日には食べられない休日限定メニューを追加するなどして、特別感を出すとまた新たなお客様をターゲットにすることもできると思います。メニューの打ち出し方としては、1つのメインメニューを大きくオススメとして売り出すか、数点のメニューを当店ランチのオススメとして売り出すか、そのお店のお客様層に合わせて変更していくとよいでしょう。そのためには、自分のお店にどのようなお客様が多いのかをしっかりと把握しておくことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


https://123mehndidesign.com/

https://biographyly.com