メニュー名や紹介文にもこだわりましょう

メニューの名前は難しくオシャレな商品名のお店もありますが、「これはどういう料理ですか?」と店員さんに聞いて見なければわからない商品名では、店員さんの時間も取られますし、お客様も商品をイメージしにくいので、商品名だけでお客様がどんな商品なのか理解できるネーミングが一番わかりやすく、注文までにスムーズに済むと考えられます。また、メニュー名も工夫にプラスして、その商品の特徴を説明文として書き加えるという方法もよいかと思います。お客様全員が呼んでくれるかはわかりませんが、メニュー名にだけで注文するメニューを決めかねている場合にその説明文を読んで決定できることもあるかもしれません。その商品を食べたいと思わせる商品の特徴やオススメ点などを記載すると効果的でしょう。例えば、その商品のキャッチフレーズみたいなものを作って、メニュー名の横に記載しておいたり、旬の食べ物であることをアピールしてみたりと、メニューブックの中で商品をよりアピールする方法は意外とたくさんあるのです。「店長オススメ商品」や、「当店1番人気商品」と記載されている商品は何を注文しようか迷っているお客様に決定させる一手になることでしょう。人は、人気なメニューは気になるものです。みんなが食べているなら美味しいはずだろうという心理が働きます。そして、この商品をアピールする説明文ですが、長々しく書くとお客様に読んでもらえない可能性が高くなってしまいます。簡潔にわかりやすく、商品について解説するつもりで作成すると良いでしょう。あとは、フォントなど、見やすいものを使用して、お客様の購買意欲を掻き立てるようなメニューブック作りを心がけましょう。