カテゴリーに分けてメニューブックを製作するにあたり

メニューブックは、見やすくて、お客様が何が食べたいか見つけやすいレイアウトであることが理想的です。そのためには、お店にあるメニューをカテゴリー別に分けて、メニューブックを見やすくし、注文したいものがすぐに見つかるようなメニューブックを作成するのが良いのではないでしょうか。そのカテゴリーは、前菜、主菜、デザート、ドリンクなどの役割ごとに分ける方法、お米、麺類、お肉類、魚介類などの食材ごとに分ける方法、揚げ物、焼きものなど、生ものなど調理方法で分ける方法があります。どの方法でカテゴリー分けをするのが、自分のお店のメニュー表記として1番合っているのか分析し、1番良い形でメニューブックを作成できるように考えましょう。またカテゴリー分けの1つの方法として、人気メニューや看板メニューは基準となるカテゴリーに当てはめるのではなく、そのカテゴリーから外して、人気メニューという新たなカテゴリーに分類してしまう方が良く、お客様の目にも留まりやすくなるでしょう。例えば人気メニューにハンバーグがあったとしたら、お肉というカテゴリーからは外し、ハンバーグというカテゴリーを新たに作ってしまうのです。その中でハンバーグメニューのバリエーションを載せていくと、人気メニューであるハンバーグが食べたいお客様はハンバーグというカテゴリーから、好きなハンバーグを選ぶことができます。人気なもの、オススメであるものに、お客様は目が行きやすいです。そこへきっちりとアピールできるようにしていきましょう。すぐに提供できるスピードメニューのカテゴリーを作っておくのも良いでしょう。お酒を飲むお客様におつまみをすぐに提供することができるとアピールできます。